ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ペットショップ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットショップ情報

ペットショップの歴史



ペットが欲しいと思ったとき、その入手先として多くの人が真っ先に頭に思い浮かべるのはペットショップではないでしょうか。今では街のホームセンターやショッピングモールなど、わたしたちの生活圏内でよく見かけるペットショップですが、時代とともにその位置付けや形態は大きく変わってきたようです。

日本のペットショップのルーツは江戸時代にあり

日本におけるペットショップの始まりは、徳川幕府が日本を治めていた江戸時代にまで遡ります。今程多くの種類のペットが流通していなかった江戸時代、ペットとなる生き物の商売は金魚や虫、鳥などの種類ごとに分業化されていました。「鳥獣店」と呼ばれるこれらが、いわゆるペットショップの原点だと言われています。店舗を持って販売する他"行商"も主流であり、長くその商売の形が続いていたようです。大名や庶民の間ではウグイスやメジロなど和鳥の飼育がブームとなり、「鳥かご」だけを専門的に扱う行商までもが現れました。大量の鳥かごを背負って歩き回るという今では考えられない商売の形も成り立っていたのです。現代のペットショップでも長く続く老舗の中には、店名に「鳥獣店」の名を残すお店があります。そんなお店を街で見かけたら、昔の日本を偲びながら想像を膨らませるのも一興かもしれません。

戦後のペットショップの発展

様々なペットが登場している現代において、揺るぎない人気を誇る犬と猫。この犬と猫がペットとして広く日本で売られるようになったのは、明治時代以降のこと。「畜犬商」と呼ばれるこの専門商は、個体の販売だけでなく繁殖まで行なうようになりました。今で言う"ブリーダー"に通じるシステムの始まりです。当時のシステムは買い手へ繁殖を持ちかけて後尾相手を斡旋し、生まれた子どもを別の顧客へ販売するというもので、これが効率化され発展していったのが交配と繁殖を専門とするブリーダー業です。やがて昭和の高度経済成長期に入り、「少し贅沢な趣味」として熱帯魚の飼育ブームが起こります。一般家庭の経済事情も少しずつ安定し、余暇や趣味に時間とお金を使う余裕が生まれたのでしょう。このブームから全国各地に熱帯魚店が生まれ、独立開業する人も多くいました。日本の経済成長とともにペットショップは発展を繰り返し、その在り方も時代とともに大きく変化していくのです。

現代のペットショップの特徴

現代では、たくさんのペットを扱う大型店が随分多くなりました。生体販売と組み合わせてペットホテルなどのペットサービスを展開する「総合型」のペットショップも増えています。インターネットを介して通信販売を行なうペットショップも浸透し、実店舗を持たずに取引するケースも珍しくありません。また、海外からの輸入も広く認められるようになり、日本ではなかなか見られない珍しい生き物をペットショップで目にすることも多くなりました。