ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ペットショップ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットショップ情報

ペットショップの仕組み



ペットショップの店頭に並ぶ子犬や子猫たちは、「命あるもの」であると同時にそのお店の大切な「商品」です。ペットショップは命あるものを商品として扱い、その商品で「商売」を成り立たせなければなりません。ペットという商品に目を向けると、倫理と利益の2つの軸が複雑に絡み合っています。

ペットの流通経路

ペットの流通経路

生産者であるブリーダーから子犬や子猫がペットショップへ届くまでには、自家繁殖を除いて大きく3つのルートが存在します。まずひとつは、ブリーダーとペットショップが直接取引を行なうルート。次に、ブリーダーとペットショップの間に中間業者が介入するルートがあり、さらにブリーダーから「せり市」や「オークション市場」に回り、ペットショップがそこで買い付けを行なうルートがあります。一部のせり市やオークション市場に対しては、子犬や子猫が「モノ」として扱われているのではないか、との懸念もあるようです。実際に、動物が劣悪な環境に置かれるケースもあり、中間業者との間で子犬や子猫たちが"たらい回し"にされる現実もあるようです。そこでは感染症の蔓延を始め様々な問題が山積みとなっています。ペットショップによってペットの入手経路は様々です。店頭のペットの健康状態や性格などに問題がないか、納得のいくまで情報を収集することが大切です。

販売ペットの価格

販売ペットの価格

ペットの価格設定はお店によって異なります。もともとペットには「定価」が存在しないため、そのときの流行、外見の美しさ、性別などによって価格変動するようです。また血統も大きくかかわっており、例えばドッグショーなどの品評会で優秀な成績をおさめた親から生まれた子の場合は、価格が上がります。信頼のあるブリーダーが育てた場合も高価格となる傾向にあります。そうしたブリーダーは、健康な子を育てるための環境整備などに対して多くの手間やコストをかけており、それが仕入れ値に反映されるからです。ただし、一概に「高いから良い、安いから悪い」と言い切れないのが、ペット選びの難しいところです。価格だけで判断せず、ご自分の目で確かめ、じっくりと検討した上でペットを購入することをおすすめします。

売れ残ったペットはどうなる?

売れ残ったペットはどうなる?

大半のペットショップで販売されている犬や猫は、まだよちよち歩きの小さな子どもばかりです。当然、中には売れ残ってしまう子も出てきますが、その後はどうなるのでしょうか?

売れ残ったペットの多くは、成長とともに価格をどんどん下げ続けたり、複数店舗を持つ場合は店舗間移動を行なったりすることでそのほとんどが売れてしまいます。中にはペットショップスタッフや常連客が飼い主として名乗り出ることもあるようです。自家繁殖を行なっているペットショップでは売れ残った子は繁殖に回り、生まれた子どもの売上で利益を回収する場合もあります。しかし、一部のペットショップでは"処分"を行なうケースも少なくありません。そんな業者を増やさないためにも購入前の情報収集は欠かさず、お店選びは慎重にしたいものです。