ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ペットショップ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットショップ情報

ペットショップの仕事



動物好きなら一度は考える職業と言えば、ペットショップではありませんか? 日本全国には約15,000店のペットショップがあり、アルバイト店員を含めて多くの人がペットに携わり働いています。飼い主とペットの結び付きを強くし、人と動物が互いに幸せな生活を送れるようサポートするペットショップは、働く場としても大きな可能性と役割を秘めています。

ペットショップの1日

ペットショップの1日

生き物の販売を行なうペットショップでは、まず開店前に清掃や給餌などペットの世話をすることから1日が始まります。専用消毒液で隅々まで消毒を行なう飼育ケースの清掃は、病気の感染を防ぐという重要な目的があります。清掃と同時に、ペットの様子や排泄物の色やにおい、量などから健康状態をチェックしたら、次は食事の用意です。ペットの食事は健康状態や発育状況に合わせて作り、それぞれ必要に応じた回数で提供します。開店後は、随時お客様の相談や質問に応じなければなりません。1匹1匹の特徴や状態をヒアリングし、場合によっては飼育グッズの販売や商品説明を行ないます。商品の補充や発注をしたり、ペットの仕入れ案を提出したりすることもあります。夕方からは再びペットのお世話をする他、閉店後にはレジの清算やお店の後片付けを行なうなど仕事の幅は多岐にわたります。

販売後のアフターケアは必須

販売後のアフターケアは必須

ペットの販売は、「売ったら終わり」ではありません。購入時の顧客ケアと同じく、販売後のアフターケアもとても重要です。販売後、飼い主が購入先のペットショップを訪れ、様々な相談を寄せることがあります。そんな時、飼い主の生活環境を詳しく聞いた上で的確なアドバイスや情報提供ができると、そこには信頼が生まれます。常連客が増え、頼りにされているという充実感を味わえば、きっと仕事のやりがいにもつながっていくはずです。

購入者にペットを理解してもらい、責任を持って最後まで育てられるようなトータルケアを行なうこと。これは、ペットショップに求められる最も重要な役割かもしれません。

こんな人が向いている?ペットショップ店員

こんな人が向いている?ペットショップ店員

生き物を扱うペットショップでは、ペットに対する広い知識と理解が必要です。そもそも動物が好きであり、理解しようとする前向きな気持ちがあることはペットショップで働く上で大切なポイントです。「生あるもの」と対峙する仕事ですから、その責任は想像以上に大きく、心身ともに負担のかかる役割をこなさなければならないことが多々あります。しかし、"動物が好き"という気持ちがあれば、様々な困難を乗り越えるうえで大きな原動力となるはずです。また、販売における接客スキルもペットショップ店員の重要な要素のひとつです。人と話したり頼られたりすることが好きなコミュニケーション能力の高い人もペットショップ店員に向いています。