ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトペットショップリサーチ

ペットショップ情報

ペットビジネスの進化



犬や猫をはじめ何らかのペットと暮らす家庭は、今や3世帯に1世帯という割合にまで増えました。犬・猫の飼育率はここ数年で減少傾向にあるものの、現代の日本では少子高齢化と非婚化が加速しており、ペットを単なる生き物としてではなく「家族の一員」として迎える傾向が強くなっています。これを背景にペットビジネスも大きく変化しているようです。

時代とともに拡大するペットビジネス

ペット産業の市場規模はここ何年かで大きく飛躍し、今や1兆円を超えています。ペット産業全体の市場はピーク時に比べるとやや小さくなっているようですが、ペット用品の売れ行きは好調。中でも歯磨きや介護の関連グッズなど様々な"ペットケア用品"の需要が増えています。これは、ペットの高齢化や生活習慣病などの対策として広がった分野です。時代のニーズに合った商品やサービスが求められている今、多少予算オーバーだとしても、その付加価値が高ければ「かわいいペットのためなら」とお金を惜しまない飼い主が増えている証しです。時代の変化とともにペットとの暮らしをサポートしてくれる便利な商品・サービスは新たに展開されていますが、なお細やかな視点からの商品が求められているのかもしれません。これからもペットビジネスは大きな広がりを見せるものと思われます。

ペットフードのキーワードは"プレミアム"と"健康"

ペットショップではたくさんのペットフードが並んでいます。消耗品であるペットフードの流通量はペットの小型化に伴い減少傾向にありますが、健康と直結する物であり、そのニーズは衰えません。近年のペットフードを表すキーワードは"プレミアム"と"健康"です。どちらも素材や加物、栄養バランスにこだわっています。材料を国内産に限定していたり、すべての原材料を表示してアレルギー対策をしていたりと、その特色は様々。多様なあまり、何を基準に選べば良いのか分からなくなってしまうかもしれません。そんなときはどの商品がご自宅のペットに向いているのか、ペットショップで相談してみるのも良いでしょう。現代のペットは室内で人と同じように暮らし、その恩恵から寿命は年々長くなっています。しかし、現代人が抱える病気や課題までそのまま引き継いでしまっているという残念な一面もあります。とりわけペットの肥満や年齢を気にする飼い主は多く、ペットフードの「質」は重要視されていると言えます。

人間顔負けのペット関連サービス

「ペットサロン」という言葉を耳にしたことはありますか? ペットサロンとは、端的に言うと「ペット専門の美容院」です。カットやシャンプー、マッサージなど女性にお馴染みのサービスはもちろん、爪切りや耳掃除などペットの全身をケアするサービスまで行なってくれます。そんなペットサロンを利用するのが、今や当たり前の時代。ペットサービスは進化し続け、"いかにサービスを充実させるか"という域にまで達しています。しつけを行なうペット保育園や高齢ペット向けのデイサービス、送迎や搬送を行なうペットタクシーなど、その内容の多彩さは、人間社会顔負けの充実度です。