ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトペットショップリサーチ

ペットショップ情報

自家繁殖(ブリーダー業)を行なう
ペットショップ



子犬や子猫の入手先として一般的なのは、ペットショップもしくは生産者であるブリーダーを訪れることでしょう。ペットショップの中には、このブリーダー業とペットショップ業を兼業しているお店があります。販売するペットを自家繁殖するペットショップの特徴はどこにあるのでしょうか。

ブリーダーとは?

日本で一般に言われる「ブリーダー」とは、簡単に言うとペットとなる子犬や子猫などの生産を行なう専門家を指します。扱う動物を正しく理解し、法律を遵守しながら、生まれた健康な子だけを顧客へ譲渡するのが使命です。しかしブリーダーの中には、利益優先の大量繁殖者もいます。流行に合わせて乱繁殖が繰り返され、目を覆いたくなるような環境で犬や猫が「モノ」として扱われていることもあるようです。そう言った生産者は「パピーミル(子犬生産工場)」と呼ばれています。また、海外で言う一般的な「ブリーダー」は、日本で使うそれとは全く意味合いが異なっています。彼らは、血統種の保存と質の向上に努力と時間を惜しまない"プロフェッショナル集団"であり、「シリアスブリーダー」とも言われています。

「責任販売」という安心を購入者に与える自家繁殖

本来、ペットの販売・購入に際しては、生産者と購入者が互いに直接顔を合わせながら、対面してペットの譲渡を決めるのが理想的な形かも知れません。それが実現する可能性が高いのが、ブリーダーからの直接譲渡と自家繁殖を行なうペットショップからの購入です。これから長い時間を共に過ごしていくペットですから、あらゆるリスクを事前に回避する必要もあります。誰が育てたのか分からない子犬や子猫の場合は責任の所在が明確ではなく、病気などのリスクをはらんでいることもあります。自家繁殖を行なうペットショップは飼育もとが明確であり、そこに責任が生まれます。この「責任販売」は、購入者に安心感を与える大切な要素となります。

購入するペットの親を見せてもらおう

通常、ペットショップでは仕入れ先の情報を開示しないお店が多く、提供してくれたとしてもブリーダーと直接コンタクトを取ることはできません。それに比べて、自家繁殖を行なうペットショップであれば店頭にいる子犬や子猫たちの両親を目で見て確認することができます。これは、自家繁殖を行なうペットショップを利用する大きなメリットと言えます。気に入った子犬や子猫の親を知ることで、成長後の大きさやカラーをおおよそ把握することができます。せめて母犬や母猫だけでも見せてもらえないか、ショップスタッフに申し出てみましょう。どんな親から生まれ、どんな環境で育ったのか快く情報を提供してくれるペットショップであれば、購入後のアフターケアも万全に行なってくれる可能性が高いはずです。