ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ペットショップ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットショップ情報

ペットのインターネット販売



インターネット販売を行なうペットショップが驚くほど増えています。確かに、都合のいい時間に自宅で買い物ができるというのは便利なのですが、ペット用品だけでなく「生き物」まで手軽に買えるという仕組みについて、みなさんはどのように感じますか?ペットのインターネット販売を通じて起こった様々なトラブルを受けて、ついに国が動きました。いま、ペットのインターネット販売は大きな転機を迎えています。

ペット通販のトラブル続出を受けて法律を改正

インターネット通販の利用者は近年急速に増え、とうとうクリックひとつでペットまでもが手に入るようになりました。しかし、ペット通販の利用者から様々なトラブルが報告され、苦情や相談が相次ぐようになったのです。その多くが「写真と実物が違う」「送られてきたペットが病気を患っている」「お金を振り込んだのにペットが届かない」といった内容でした。また、遠方から空輸で送られてきたペットが届いた直後に体調を崩し「数日で死んでしまった」というケースまであるようです。こうした事態を受けて、ペットのインターネット販売に法の規制がかかりました。「動物愛護管理法」の一部が改正されたのです。必ず一度は飼い主と動物を対面させること、販売にあたり飼育方法や疾患の有無などの十分な説明を行なうことが販売者に義務付けられたのです。この法改正により、様々な購入トラブルを引き起こしてきた多くの悪徳販売業者が姿を消すよう期待されています。ただし、場合によっては「対面に相当する方法」を別途定めることとしており、どんな例外が認められるのか今後注意して見守る必要がありそうです。

賛否両論、ペットのインターネット販売

「犬や猫をインターネットで販売する」と聞くと、なんとなく悪い印象を持ってしまう人は多いはずです。確かに、様々なトラブルが発生していることは事実です。しかし一概にペットのインターネット販売が「悪」かと言うと、そうではないという意見もあります。インターネット販売には「引き渡しの直前までブリーダーのもとで育てられる」というメリットがあります。もちろん優良ブリーダーに限られますが、感染症などの病気や早期に親と引き離されて子犬や子猫の社会性が育たないというリスクは減るでしょう。いわゆる優良ショップや優良ブリーダーたちが築き上げたルートが、「インターネット販売」という大まかなくくりでまとめて規制されてしまうことも危惧されています。万が一「廃業」へと追い込まれれば、代わりに店頭販売が増え、量産悪徳業者の「パピーミル」が増えるのではという見方もあります。"あちらを立てればこちらが立たず"とはよく言ったもので、実店舗販売を行なうペットショップにもインターネットショップにも、それぞれに良い面、悪い面はあります。どちらも命あるペットを大切に思い、ペットの負担を減らす努力を続ける優良店舗は存在するのです。一番大切なのは購入の形はどうであれ、利用者がしっかりとした知識を持って購入先を見極め、迎えたペットを大切に育てることです。