ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ペットショップ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットショップ情報

ペットの歴史



人は、遥か昔から動物とともに暮らしてきました。お互いの利益が一致する共生関係から始まり、今では数多くの動物がペットとして人のそばで暮らしています。その背景には、長い歴史を通じて壮大なペット文化を形成してきた人と動物たちとのエピソードがあります。

オオカミから始まったペットの歴史

オオカミは人が家畜化した最初の動物だと言われています。「家畜」と言うと牛や豚、ヒツジやヤギなどのイメージがありますが、これらの動物の家畜化はさらに後の時代になってからです。オオカミと人の共生は、約3万年も前から始まったと考えられており、当初は住居の見張り役という番犬のような役割を果たしていたようです。なぜ野生のオオカミが人と生活をともにするようになったのでしょうか? オオカミは群れ社会で生活し、群れの中には厳しい上下関係が存在します。自分より上位の者には絶対に逆らいません。また、厳しい環境を生き抜くために表情や動作で仲間に意思を伝えるという高いコミュニケーション能力を備えています。この習性が人と生活するのに適していることから、古代の人たちはオオカミをともに暮らすパートナーとして選んだのでしょう。オオカミは極めて社会性が高く、集団生活におけるルールが人間社会のそれと非常に似通っていることが分かります。この家畜化されたオオカミが、犬の祖先となったようです。

最も長く人間と暮らし続けている犬

旧石器時代の1万2千年前、犬が人間と行動をともにしていた痕跡が残っています。狩りの相棒として重宝されていた犬は、人と強い絆で結ばれていました。パートナーであった犬がその寿命を終えると人と一緒に埋葬されるほど、その信頼関係は強固なものだったようです。主従関係を好み、狩りにおいては獲物を食べることなく人のもとまで運ぶという犬の優れた習性が、古代の人にとってどれほど大切なものをもたらしてくれたのかを想像することができます。ペットという愛玩犬としての役割だけでなく、災害救助犬や介助犬、警察犬など、犬は今でも人の暮らしを支え続けてくれています。

古代エジプトと猫

古代エジプト人は、猫を"神の使い"として大切にしていました。みなさんもご存知の通り、古代エジプトでは死者への敬意を込めてその亡骸をミイラ化するという習わしがありましたが、猫も同じようにミイラとして手厚く葬られていたようです。人間でもミイラになるのは王族などごく一部の身分の高い人だけであったことから、猫がいかに大切な存在だったかが分かります。なぜ猫がこれほどまでに大切に扱われたのでしょうか? それは、麦の栽培が始まったことがきっかけだと考えられています。大切な食料を荒らし、様々な病原体を運ぶネズミは古代人にとって非常にやっかいな存在でした。そんなネズミの脅威から人々を救った猫が神聖視されたのです。古代エジプト人はどこかで火事が起きれば何より先に猫を救わなければならず、消火よりも猫が火の中に飛び込まないよう監視をしていたと語り伝えられています。