ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトペットショップリサーチ

ペットショップ情報

ペットの購入トラブルを回避する



単なる「物」の売買でもトラブルは起こります。売り買いするのがペットという「生き物」であるなら、その要因がさらに増えるのは当然と言えるでしょう。では実際に、どんなトラブルが発生しているのでしょうか。

ペットの病気にまつわるトラブル

購入後間もなく、病気を発症してしまったというトラブルが頻発しています。健康に育たなかった子の多くは、いわゆる「パピーミル」と呼ばれる量産型の繁殖者がかかわっている可能性があります。子犬や子猫を生まれて間もない時期に親から引き離し、小さな檻の中に何匹も一緒に閉じ込め、免疫に不安の残る子を「せり市」や「オークション市場」に売り出すのです。劣悪な環境の中で暮らしてきたのですから、病気を持っている可能性は高まってしまいます。そんな信頼の置けない取引であることを黙認し、まるで健康体であるかのように販売されているペットたちも存在するのです。また、専門知識を持たないブリーダーが近親交配を行ない、先天的疾患を抱えてしまうケースも後をたちません。ペットを購入する際は、そのお店が信頼できるか、またペットの健康面に問題がないかの確認を怠らないようにしましょう。

血統書が交付されないトラブル

純血統のペット売買ならではの問題が、血統書に関するトラブルです。購入時に血統書付きであるという説明があったにもかかわらず、いつまで経っても血統書が送られてこないというケースがあります。登録手続きの関係上やむを得ず時間がかかることもありますので、血統書の発行までにどの程度時間がかかるのか、事前に明確な説明を受ける必要があるでしょう。悪質なケースでは、血統書を再利用したいがために飼い主に渡さないという詐欺まがいのことも起こっているようです。対応がおかしいと感じたら、二次被害を起こさないためにもしかるべき機関へ相談しましょう。また、どこの団体か分からない偽物の血統書が渡される被害も確認されています。血統書付きのペットを買う際は、血統書とはどんな物かを理解し、口頭で安易なやり取りをしないことが大切です。

サイズを偽って販売するトラブル

近年、見た目がかわいらしく室内飼いしやすいという理由から、小型犬が大人気です。この流行を受けて、成長後の大きさを偽ってペットを販売する悪徳業者が増えています。柴犬を「豆柴」として、またトイプードルを「ティーカッププードル」として販売するケースがこれにあたります。この「豆柴」や「ティーカッププードル」は品種として安定しておらず多くの団体から非公認とされており、流通の少ない極めて希少な存在です。見た目のかわいらしさに目を奪われて情報収集をなおざりにしないよう注意しましょう。しっかりとした情報を持っていれば、購入トラブルに巻き込まれる可能性も減らせるはずです。