ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ペットショップ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットショップ情報

ペットによる近隣トラブル



ペットを飼うことが決まったら、周囲に迷惑をかけないように配慮する必要があります。あなたの周りには、ペットが好きな人もいれば苦手に思う人もいるはずです。思わぬ近隣トラブルに巻き込まれないよう、飼い主としての自覚と責任をしっかり持って、ペットとの暮らしを楽しみましょう。

ペットの鳴き声による騒音トラブル

ペットに関するご近所トラブルで最も多いのが、鳴き声に関するものです。特に犬の場合は、鳴き声が大きく耳に響きます。早朝や深夜に毎日吠えるようになれば、近隣住民に不眠やノイローゼといった深刻な悩みをもたらす可能性もあります。飼い主はまだしもまったくの他人にとっては、大きな苦痛となることは容易に想像できます。住民が保健所や役所などの公的機関に相談を持ち込み、後に大きなトラブルへと発展する可能性もあります。そんなことになってしまったら、ペットを手放すという最悪の事態にもなりかねません。無駄吠えの原因のほとんどが、飼い主との信頼の欠如や甘やかしによるもののようです。しつけに困ったら、トレーナーなどのプロに任せるという方法もあります。正しいしつけは、人とペットの共生に必要不可欠な物なのです。

マンションなど集合住宅でのトラブル

ペットは家族の一員である、という意識が社会に浸透し、ペットの室内飼いが増えています。そんな時代の流れを汲み、ペットが飼えるマンションの存在も珍しいものではなくなってきました。しかし、ペット飼育が認められていても油断してはいけません。集合住宅の場合、壁ひとつ隔てているだけで隣人との距離が非常に近いうえに共用スペースも多いので、飼い主の注意不足によるペット問題も多いようです。エレベーター内にペット特有のにおいがこもってしまったり、ペットの排泄物をベランダに一時置きすることで近隣に悪臭を放ったり、グルーミング後の抜け毛が洗濯物に付着したりと、そのトラブルの形は様々です。動物嫌いの住人がいる可能性を考慮し、飼い主自らが自粛した行動を取ることで解決に至る場合も多いはずです。他の入居者への気遣いが、近隣トラブルを回避する一番の方法なのかも知れません。

多頭飼いのトラブル

ペットの多頭飼いをする飼い主は多くいます。その飼育自体は責められるものではありませんが、頭数も限度を超えれば近隣トラブルのもととなります。1匹1匹に十分な手をかけられず、しつけが行き届かずに悪臭や不衛生などの問題が起こるケースが非常に多いようです。「捨て猫がかわいそうだから」と何匹も拾った結果、えさだけを与えて野放し状態となり、近隣住民に迷惑をかけてしまう無責任な飼い主もいます。多頭飼いを検討している場合は、すべてのペットに同じような愛情を持って接することができるか、また周辺に迷惑をかけない飼い方ができるかをよく考えましょう。