ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトペットショップリサーチ

ペットショップ情報

ペットと暮らすための住環境を整える



ペットが安心して暮らせるように、あなたが今生活している住まいや周辺環境を改めて見直してみましょう。人には暮らしやすい環境でも、ペットにとっては危険な落とし穴があるかもしれません。

その住まいはペット飼育が認められていますか?

賃貸マンションなどの集合住宅で暮らしている場合、そもそもその住居はペットの飼育が認められているでしょうか? 認められていたとしても、「小型犬に限る」などの様々な条件が定められている可能性があります。すべての条件をクリアできるのか、契約内容を改めて確認してみて下さい。また、飼育許可がなく内緒で飼おうとしている人がいるかもしれませんが、隠れてペットを飼うことは、飼い主にとってもペットにとっても不幸なことです。ペットの存在が明るみに出た場合、契約違反で即刻退去を求められることもあります。なお、マンションの場合は、居住者の賛成数により管理規約を変更することができます。どうしてもそのマンションでペットを飼いたい場合は、事前に大家さんや管理組合などに相談してみて下さい。

ペットサービスの拠点がありますか?

ペットを飼うということは、その命を預かり健康管理を欠かさないという責任を負うということです。日常の暮らしの中で、突然の急用や旅行で数日の間家を空けることもあるでしょう。そんなとき、ペットだけを置いていくわけにはいきません。近い知り合いに協力者がいない場合、ペットホテルやペットシッターなどの信頼できる宿泊施設を探しておくべきでしょう。また、病気やケガをしたときは動物病院に連れていく必要があります。こういった万が一の事態に備えて、ペットの視点から見た周辺環境が整っているか確認してみましょう。

ペットを飼う部屋の設備を見直してみましょう

飼おうと決めたペットの性質や飼育方法について、詳しく理解していますか? 今住んでいる部屋の設備環境では、生きにくいペットではないですか? 例えば、気温について考えてみましょう。日本には四季があるので、夏は暑く冬は寒いという特性をもった気候です。部屋の温度を調節できる空調設備がなければ、ペットにとってはかなりの負担がかかります。また、犬や猫を飼う場合、部屋の床が意外な落とし穴になります。フローリングは犬や猫にとっては生活しにくく、つるつると滑って体や関節に大きな負担がかかってしまうことがあるからです。ペットが暮らしやすく健康でいられるように、滑り止めを施すかカーペットを敷いてあげなければいけません。ペットにより、気を付けなければいけない改善点は様々あります。今の環境で問題はないか、ペットショップなどにも相談して必要な環境を整えてあげるのは飼い主が果たすべき責任のひとつです。