ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトペットショップリサーチ

ペットショップ情報

ペットのお手入れ・グルーミング編



シャンプーやブラッシングの他に、体の各部のグルーミングも念入りに行ないましょう。耳や歯、爪などは普段見えにくい場所であり、意識してケアをしないと異常を見過ごす恐れがあります。ブラッシングやシャンプーのタイミングと合わせて各部位もチェックするなど、ルールを決めてグルーミングを習慣化してみてはいかがですか?

目や耳のお手入れ

目のお手入れは、目やにが気になったときに濡らしたガーゼや綿で軽く拭く程度で十分です。ただし、鼻が低い品種は涙や目やにが出やすいため、こまめに拭いてあげる必要があります。

耳の周辺は意外にも毛玉ができやすいため、こまめなブラッシングやカットを行ない、清潔を保つように心がけましょう。耳の中も定期的にチェックして、耳あかが溜まらないよう耳の中の毛を少しずつ引き抜いてあげましょう。汚れを見つけたら、綿棒を使ってやさしく取り除きます。傷をつけては大変なので、くれぐれも注意して行なって下さい。耳の垂れた品種を飼っている場合は、特に耳の健康維持が大切です。通気性が悪く他の品種より耳の病気にかかりやすいため、定期的にペットサロンか動物病院へ通うことをおすすめします。

爪のお手入れ

長く伸びた爪を放っておくと、肉球に刺さってしまったりカーペットなどに引っかかり折れてしまったりすることがあります。ケガをする前に爪を切ってあげましょう。ただし、犬や猫の爪には血管や神経が通っているため、自宅で爪を切る場合は細心の注意が必要です。一度でも切り方を誤って痛い思いをさせると、次に爪を切ろうとしたときに嫌がって暴れるようになってしまいます。初めは少しだけカットして、痛くないことを認識させましょう。

どこまで血管が通っているのか分かりにくい場合や、嫌がって切ることができない場合は、無理に自宅でケアしようとせず獣医師などのプロに任せた方が安心です。また、爪が伸びると血管と神経も伸びてしまいます。早めのケアが肝心です。

歯のお手入れ

最近、歯周病などの歯のトラブルを抱える犬や猫が増えています。その原因は歯石が溜まってしまうことにあります。柔らかい食べ物を好んで食べる傾向にあったり、口腔衛生が不十分であったりすると歯石が溜まりやすくなるため、与える食べ物にも注意しましょう。症状が進行すると歯が抜け落ち、臓器に重大な病を引き起こすこともあります。日頃からペットのマウスケアを怠らないことが重要です。ペットショップに行くとデンタルケアグッズが多く揃っています。歯のトラブルを未然に防ぐためにも、子犬や子猫の頃からグッズを使って歯磨きを習慣化しておきましょう。中には、口の中にふれられるのを嫌がる子もいます。そんなときはやさしく励ましながら磨いてあげましょう。また、歯茎のマッサージも歯周病の予防に効果的です。