ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトペットショップリサーチ

ペットショップ情報

翼を持つ希有な存在「鳥」



近年、変わったペットや小動物人気に押されて、鳥類をペットとして飼育している家庭が少しずつ減ってきています。しかし、他の動物にはない鳥ならではの魅力があることも確か。例えばつがいで飼育して、二羽のおしゃべりや仲睦まじくふれあう姿を眺めながら、最高の癒しのひとときを体験してみてはいかがでしょうか。

鳥の種類

鳥の種類

ペットとして飼育することができる鳥の種類は様々です。いくつかにその種を分類することができます。

まず、ペット鳥として人気の高い文鳥やカナリアは「フィンチ類」という種類に分類されます。このフィンチ類はくちばしが真っすぐで、どことなくスズメに似た雰囲気を持つ鳥たちです。かわいらしい容姿を持っている鳥が多いので非常に人気があります。また、「インコ類」で最も知られているのは世界的に人気の高いセキセイインコでしょう。様々な色のバリエーションを持つためファンも多く、その容姿の美しさは毎日見ても飽きることはありません。そして、特徴的な姿を持つフクロウは「猛禽類」の仲間です。ひと言でフクロウと言ってもたくさんの品種が存在し、大きさや容姿がそれぞれに個性的。中には飼育がたいへん難しい、野性味溢れる品種もいます。

この他にも様々な鳥の種類が存在しますので、特徴を見ながら幅広く調べてみてはいかがでしょうか。

鳥を飼う目的から種類を選ぶ

鳥を飼う目的から種類を選ぶ

鳥を初めて飼う場合、どの種類を選べば良いのか迷うかもしれません。そんなときは、鳥との生活をどう楽しみたいのか自分なりに想像してみましょう。鳥の種類は幅広く、容姿や特徴もそれぞれに異なります。眺めて楽しむならカラフルなセキセイインコ、手乗りにして鳥とふれあいたいなら文鳥、美しい鳴き声に癒されたいならカナリアなど、自分に合った鳥を選択しましょう。

ただし、どの種類でも簡単に飼育できるわけではありません。ペットショップでよく見かける定番の鳥であれば飼育しやすいのですが、専門店でしか見ないような鳥種は飼育方法や環境づくりが難しく、初心者では飼育できないでしょう。気に入った鳥がいれば、ペットショップでよく相談して現実的に飼育できるのかをよく検討する必要があります。

コンパニオンバードの魅力

コンパニオンバードの魅力

コンパニオンバードとは、人とコミュニケーションを取ることができる鳥のこと。ただ見て楽しむ愛玩ペットではなく、手乗りや言葉を交わしながら人とふれ合うことのできるインコやオウム、文鳥などの鳥たちを総称するようです。

友好的なコンパニオンバードたちは、飼い主とのスキンシップの時間がとても大好きです。インコやオウムなどは言葉を交わすことができ、犬や猫でも難しい「人の言葉を話す」という楽しい特徴があります。一方的なコミュニケーションではなく、人間のおしゃべり相手となるのですから、広く愛されているのもうなずけます。