ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ペットショップ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットショップ情報

不思議な魅力を放つ「爬虫類」



人によって好き嫌いが大きく分かれるのが、この爬虫類たちではないでしょうか。しかし、ユニークさと独特の魅力を持つ爬虫類は、ここ数年でペット飼育数を徐々に増えているようです。不思議な魅力の虜となった熱烈なファンからの支持を得ながら、若い女性など新たな層からも注目を集める魅惑のペットなのです。

爬虫類の種類とは

爬虫類の種類とは

爬虫類と聞くと何を思い浮かべますか。あまり知られていないでしょうが、爬虫類は有鱗目・カメ目・ワニ目・ムカシトカゲ目の4種に分類されます。有鱗目とはトカゲ、イグアナ、ヘビ、ヤモリなどのウロコを持った種類を指し、ムカシトカゲ目とは現在ニュージーランドにしか存在しない恐竜のような姿をした珍しい爬虫類のことです。カメやワニの中にもたくさんの種類の仲間が存在し、このすべてを「爬虫類」とひと言でまとめてしまうことに違和感を覚えるほど、外観や大きさ、性質が多彩です。また、この爬虫類たちは野菜などを食べる草食と、ひよこやウズラ、虫などを食べる肉食にも分けることができます。

爬虫類が意外な人気を集める理由

爬虫類が意外な人気を集める理由

爬虫類が幅広く支持を集めるようになったのは、振り幅の大きな外観に理由がありそうです。ワニやトカゲの持つ小さな恐竜のような格好良さと存在感のある姿は、他のどの生き物にも見られない独自の魅力。反対に、小型のカメやヤモリはかわいらしい容姿を持つ種類も多く、ひと目見れば人気が出るのも納得できるはず。

また、爬虫類は想像以上に賢く、子どものうちから育てれば飼い主とコミュニケーションが取れるまでに人に馴れる場合もあります。ただし、そこにたどり着くまでには長い時間がかかるので、無理強いして愛するペットに嫌われることのないよう注意しましょう。

ペットを「外へ逃がす」という選択肢はありません

ペットを「外へ逃がす」という選択肢はありません

爬虫類のペット人気が上がるとともに、軽い気持ちで購入を決める飼い主が増えていることも否めません。どんな形であれ伴侶となるペットとの出会いは喜ばしいもの。例え軽い気持ちだったとしても最期まで責任を持って育てる人もいるでしょう。ただ、衝動買いに近い形での購入は後になって「飼育に手間がかかる」、「想像以上に大きく育ってしまった」など、その種に対する知識が浅かったことを理由にペットを手放す人が多いことも事実です。

ペットショップで購入した外来種の爬虫類を「野生に逃がす」という選択をとる飼い主も後を絶ちません。これは、生態系を壊す違法行為なのです。一度飼育を始めたペットを外に放つ行為は許されるものではありません。