ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトペットショップリサーチ

ペットショップ情報

人気ペットの品種〈犬編〉
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク



ウェルシュ・コーギー・ペンブロークという犬種名は、イギリス・ウェールズのペンブロークシャー地方で飼育されていたことに由来しています。古くは牛や羊の群れを管理する牧畜犬として多くの農場で活躍していました。英国女王エリザベス2世の寵愛を受ける王室犬としても知られ、安定した人気を維持しています。現在は愛玩犬として人のそばで暮らしていますが、豊富な運動量で要領良く仕事をこなす働き者の資質は、きっと今も消えていないはずです。

外見の特徴

外見の特徴

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの長い胴体には程良く筋肉がついており、たくましい体付きをしています。特徴的な太くて短い足も骨格がしっかりしているため、小柄ながら全体的にがっちりとした印象を受けます。鼻筋がまっすぐに通っており、先端に向かって細く伸びる顔立ちはキツネのようで、どこか知的な雰囲気を醸し出しています。

このウェルシュ・コーギー・ペンブロークとよく似た犬でウェルシュ・コーギー・カーディガンという犬がいます。一見瓜二つの2種なのですが、しっぽを確認してみましょう。ウェルシュ・コーギー・カーディガンに備わるふさふさとした長いしっぽが、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークにはありません。同じ犬種に見えますが、異なる祖先を持つ別の品種として公式認定されています。

性格・性質

性格・性質

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、とにかく活発で楽しいことが大好きです。飼い主に忠実で物覚えも良く社交的なところは、家庭犬として理想的。しかしその反面、見知らぬ人に対しては用心深い性格で、よく吠える傾向にあります。これは牧畜犬時代に培った縄張り意識と強い警戒心がしっかりと残っているからでしょう。番犬としては非常に心強いのですが、無駄吠えをしないようにしっかりとしつけを行なう必要があります。うまくしつけを行なえば、これ以上ないくらい優秀なパートナーとなってくれるはずです。

飼育上の留意点

飼育上の留意点

スタミナ抜群のアクティブな犬種なので、エネルギーを発散させるためにも屋外での十分な運動を要します。広い場所で走り回る時間は、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークにとって至福のとき。精神的にも刺激が欲しいタイプなので、ボール遊びやフライングディスクなど、頭と体の両方を使ったゲーム感覚の遊びを取り入れると喜んでくれるでしょう。

また、胴が長く足が短いという特徴的な体は背中のトラブルを起こしやすいため要注意です。太り過ぎが最も背中に負担をかけることになりますので、適度な運動量と食事内容にも気を遣ってあげましょう。