ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ペットショップ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットショップ情報

人気ペットの品種〈犬編〉ミックス犬



「ミックス犬」と聞くと、いわゆる「雑種」を連想する人もいるでしょう。しかし、日本のペット業界における「ミックス犬」とは「異なる純血種同士」を掛け合わせて生まれた犬の総称です。一般的な雑種犬は様々な品種が入り混じっておりその血統を辿ることが困難ですが、ミックス犬は両親ともに純血種であり、なんとなくそこに「ブランド価値」があるように感じます。純血種とも雑種とも異なる"新たな犬種"と言えるミックス犬が、近年高い人気を博しています。

「ミックス犬」という呼び名の背景

「ミックス犬」という呼び名の背景

日本における「ミックス犬」とは、異なる純血種同士を意図的に交配させた結果生まれてきた犬の総称です。今では「雑種」と区別して使用される言葉ですが、昔は雑種と同じ意味を持つ「別名」であったようです。過去、一部の愛犬家たちが「雑種という呼び名はその犬の価値を低くしている」として、雑種のかわりにミックスと呼んだものが現在の意味合いへと変化していきました。このミックス犬は「ハーフ犬」、「デザイナードッグ」とも呼ばれ、急速に台頭しています。

ミックス犬の魅力

ミックス犬の魅力

ミックス犬の親はどちらも純血種なのですが、生まれた子どもは純血種とはなりません。そのため、血統書もありません。かわいいペットに純血種も雑種も関係ありませんが、新たな市場ができる程人気を集めているこのミックス犬の魅力はどこにあるのでしょうか。

ミックス犬の大きな魅力は、外見のかわいらしさにあります。今や様々な種類のミックス犬を見かけるようになりましたが、特に小型犬同士の組み合わせは大人気。チワワとトイ・プードルを掛け合わせた"チワプー"、チワワとダックスフンドを掛け合わせた"チワックス"など、2つの犬種のどちらの特徴もかね備えた新鮮な容姿が多くの人を惹き付けています。

また、元祖ミックス犬はアメリカで誕生したラブラドール・レトリーバーとプードルの掛け合わせで「ラブラドゥードル」という犬です。プードルは抜け毛がほとんどなく、その特徴を活かそうと様々な犬種と交配されています。このように、海外では実用的な面を尊重した結果生まれているミックス犬も多くいますが、日本ではまだまだそれが広まっていないと言えます。

賛否両論あるミックス犬の存在

賛否両論あるミックス犬の存在

愛犬家の中には、ミックス犬の存在を否定する人が少なくありません。一過性のブームであることに警鐘を鳴らし、心ない繁殖者に利用され不幸な犬が増える結果を招いていること、数代におよぶ程の時間をかけて純血種を育てた、先人たちの苦労と努力を消してしまう行為であることなどが否定派に危惧されている問題点であるようです。一方、ミックス犬肯定派からは、そもそも犬種の歴史には人が関与し、人の手によって作為されてきたので一代限りのミックス犬ならば認めて良いのではという意見が出ています。

ミックス犬の飼育にあたって知っておきたいこと

ミックス犬の飼育にあたって知っておきたいこと

純血種の犬たちは、「シリアスブリーダー」の努力なしには存在しません。シリアスブリーダーたちはその犬種に心から惚れ込み、流行に左右されることなくその種の向上を目指して繁殖を行なっています。その犬の良さを広く知って欲しいという純粋な気持ちを持つ、犬種のエキスパートたちと言えるでしょう。現存する純血種の犬たちは何代にもわたってシリアスブリーダーに管理され、守られ続けてきました。そのおかげで外見や性格、飼育にあたっての留意点などが犬種ごとにマニュアル化されているのです。

しかし、ミックス犬は新しい分野の犬であるため情報がほとんどありません。外観のかわいさだけで購入するには、未知のリスクが存在します。親が血統種であることは必ずしも安心材料ではないということを理解して、健康面をはじめとするメリット・デメリットを必ず購入先に確認するようにしましょう。