ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトペットショップリサーチ

ペットショップ情報

人気ペットの品種〈猫編〉
ロシアン・ブルー



ブルーの被毛を持つ短毛種として日本で最初に紹介された洋猫がロシアン・ブルーです。猫のカラーで「ブルー」とは、青みがかったグレーを指しています。日本人好みの神秘的でスマートなルックスからロシアン・ブルーはすぐに人気の的となりました。「ロシア帝国の貴族が愛した猫」と伝えられており、それがロシアン・ブルーという名前の由来となっています。

外見の特徴

外見の特徴

ブルーカラーの毛色を持つ猫種は他にも存在しますが、その中でもロシアン・ブルーは日本で最も広く名を馳せている猫です。毛の1本1本は非常に細く密生しており、高級なビロードのように滑らかです。アビシニアンと同じく「ティッキング」と言って1本の毛に帯状の模様があり、光の加減や動きに合わせてキラキラと銀色に光り輝きます。この柔らかく美しい短毛が細身の体にマッチして、ロシアン・ブルーの優美な姿を演出しています。そして、大きなアーモンド型の目の色は、エメラルドのような美しいグリーンです。子猫のときは金色や淡いブルーなのですが、成長するにつれ変化していきます。さらに、すっと通った鼻筋と、微笑んでいるように見える「ロシアンスマイル」と呼ばれる表情も魅惑的。どこを取っても気高さと気品を感じさせてくれます。

性格・性質

性格・性質

"ボイスレスキャット"の異名を取る程、滅多に鳴くことはありません。自己主張も少なくおとなしい猫なので、マンションでの飼育にも向いています。静かな環境を好み、大きな物音は大の苦手です。また、ロシアン・ブルーは飼い主と決めた相手に忠誠心を捧げ、一途な愛情を注いでくれます。頭も良く、留守番という立場や与えられる愛情を理解するといった飼い主の心に寄り添う細やかな性格を持っています。このように飼い主には従順で聞き分けの良い猫なのですが、他人には強い警戒心を抱く傾向にあります。よく知る人との穏やかな生活を望むため、来客が多い家の場合は静かに過ごせる場所を用意してあげましょう。

飼育上の留意点

飼育上の留意点

スマートな体型を維持するためにも、食べ過ぎには注意しましょう。欲しがるままに食事を与えることは、ペットのためになりません。肥満は様々な病気の引き金となるので、もともと細身のロシアン・ブルーは特に食事の管理に注意が必要です。ロシアン・ブルーは水をはじく脂分の強い毛質をしていますが、過度なシャンプーは必要ありません。この脂のおかげで美しい毛並みが維持できているようです。それよりも、換毛期の抜け毛をケアするコーミングが大切です。