ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトペットショップリサーチ

ペットショップ情報

人気ペットの品種〈うさぎ編〉
ミックスうさぎ(ミニウサギ)



近年、ペットショップで「ミックス犬」や「ミックス猫」という新しいカテゴリが誕生していることをご存知でしょうか。うさぎの市場でもミックスは存在しますが、犬や猫のそれとは一般的な意味合いが多少異なるようです。うさぎ界におけるミックス種とは、一般に色々な品種の混ざった雑種のうさぎのこと。そのミックスの中に、「ミニウサギ」と呼ばれるうさぎがいます。このミックス種はペットショップでもよく見かける、"ペットうさぎ"の中で最も身近な存在です。

ミックスうさぎの特徴

ミックスうさぎの特徴

ミックス種とは色々な品種が混ざったうさぎのことで、純血種のうさぎたちのように体系立てて血統管理がされているわけではありません。そのため外見や性質も様々で、とても個性豊かです。このミックスうさぎは、飼いはじめの姿から大人になるまでに大きく外観が変化することも珍しくなく、将来の完成形がどんな容貌になるのか楽しみが尽きません。耳の形、体の大きさ、そして毛の長さと色、その質感など、変化のパターンは多岐にわたり、どの血統が混ざっているのか想像をふくらませるのも楽しいでしょう。

性格ももちろん個性的。野性味あふれる子から聡明な子、マイペースな子などまったく型にはまらないでしょう。この交雑種のうさぎは純血種に比べて体が比較的丈夫であるとも言われ、長生きする傾向にあるようです。純血種ではないけれど、たくさんの魅力が備わるうさぎです。

ミニウサギとは

ミニウサギとは

ミックスうさぎの中に「ミニウサギ」と呼ばれているうさぎがいます。「ミニレッキス」という純血種の日本名だと誤解されることがありますが、そうではありません。ミニウサギは日本固有のうさぎの品種である「日本白色種(ジャパニーズホワイト)」とダッチ種などの小型のうさぎを交配して作られたうさぎたちの総称なのだそう。学校で飼育されているうさぎや動物園のふれ合いコーナーなどで見かけるのは、ほとんどがこのミニウサギであるようです。

ミニウサギは日本で生まれ育ったお馴染みの日本白色種と比べると小さなサイズであったことから、名前に「ミニ」が付けられます。しかし、現代ではネザーランドドワーフなどの"超"小型品種が流通するようになり、とてもミニサイズとは言えなくなってしまいました。名前で大きさを誤解されやすいミニウサギ。ペットショップで見かけたら、どのくらいの大きさまで育つのか確認しておいた方が安心でしょう。とはいえ、ミニウサギもいわゆる「ミックスうさぎ」なので、ペットショップでも成長後の大きさははっきりと答えられないかもしれません。