ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ペットショップ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットショップ情報

ペットのしつけ「留守番」



ペットとの長い暮らしの中で、やむを得ず留守番をさせなければならない場面はきっと訪れます。ペットホテルやペットシッターを利用するのも良いのですが、環境の変化を嫌うペットもいるでしょう。普段からひとりでも落ち着いて過ごせるようにしつけておけば、いざというときにも安心。まずは短時間の外出から留守番を経験させて、徐々に慣れさせましょう。

犬にとっての留守番とは

犬にとっての留守番とは

犬は群れの中で生きる動物です。そのため、孤独がとても苦手で留守番も得意ではありません。飼い主の姿が見えなくなると、このまま飼い主が帰ってこないのでは、と不安にかられる犬が多いようです。まず、留守番はあくまでも外出であり、必ず飼い主が家に戻る、ということを認識させることが大切。留守番の練習として、ドアから出てひとりにしておいて、すぐに戻るという行動を繰り返しましょう。徐々に時間を長くしていくと、状況に慣れていきます。外出時に「してはいけない」と言われる行為が、家を出る前に「バイバイ」などとひと言かけて出て行くことです。これは、実はペットの不安を助長する行為です。この声がけが留守番の合図だと認識し、飼い主がいなくなることを必要以上に構えてしまいます。普段から1人の時間をあえて作り、愛犬の自立心を育てるようにしておきましょう。

外出前に、普段は与えないおやつやおもちゃを用意してあげるのも、留守番を楽しいものと認識してくれるので効果的です。

猫は留守番が得意?

猫は留守番が得意?

犬と違って、猫はもともと単独生活をしていたので留守番もそれほど苦になりません。ひとりの時間はうたた寝や毛づくろいなどをしながらマイペースに時間を過ごすでしょう。とはいえ、留守中に退屈を感じることもあるようなので、おもちゃなど遊び道具も用意しておきましょう。猫は身軽に動き回るので、危険な物を片付けることだけは忘れずに。浴槽に水を溜めていたり、窓が開いていたりすると落下などの思わぬ事故につながる恐れがあります。

ただし、いくら猫が留守番を得意としていても、あまりに放っておかれると大きなストレスになる場合があります。帰宅後は思う存分スキンシップを取るように心がけましょう。

真夏の留守番に気を付けよう

真夏の留守番に気を付けよう

室内でペットを飼っている場合は、部屋の温度管理に注意しましょう。特に夏の時期は、想像以上の熱が室内にこもります。ひどいときには外より室内の方が暑くなる可能性も。真夏にペットに留守番をさせる場合は、エアコンなどを使って温度調節をしてから出かけるようにして下さい。

ペットの留守番を見守るカメラが登場!

ペットの留守番を見守るカメラが登場!

留守番中のペットをスマートフォンで確認できる、「留守番カメラ」が販売されていることをご存知でしょうか。様々な性能を持ったカメラが揃い、水飲み器と一体型の物まで登場しているようです。外出中に愛するペットがどう過ごしているのか気になる方は、こういった便利なツールを使ってみることも検討してみてはどうでしょうか。