ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ペットショップ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットショップ情報

ペットのしつけ
「無駄吠え・無駄鳴き」



ペットが原因となる近隣トラブルの上位に挙がるのが、この無駄吠え・無駄鳴きです。「無駄」というのは人間側の都合で、犬や猫が鳴くのはその子なりに何らかの理由がある場合が多く、しつけの過程で回避できることも少なくないでしょう。

無駄吠えの原因を考える

無駄吠えの原因を考える

なぜ愛犬や愛猫が無駄吠え、無駄鳴きをするのか、よく考えてみましょう。ペットが鳴くという行為は、人が話すことと同じ。鳴くことで何かを訴えていたり、報告をしていたりする場合が多いのです。意味もなく声を出すことはほとんどないと言ってよいでしょう。

無駄吠えや無駄鳴きが始まったら、その直前の状況や自分の行動を振り返ります。何がペットにとって不満だったのか、原因が直前の行動にあるかもしれません。また、音や人を怖がって吠えていたり、寂しがって鳴いていたりと様々な原因が考えられるでしょう。毎日ペットをよく観察し、どんな状況に置かれると無駄吠えや無駄鳴きが始まるのか、その原因を探ることが解決への第一歩だと言えます。

様々な環境や人・物に慣れさせる

様々な環境や人・物に慣れさせる

見知らぬ人や物を見たり、聞いたことのない音が耳に入ってきたりすると、恐怖心や不安から吠えたり鳴いたりするペットも多くいます。なるべく小さな頃から様々な環境に慣れさせておくのも重要です。人や動物に対して吠え始めたら、飼い主が「今は吠えなくても安全」だと教えてあげて下さい。ペットにすれば飼い主に危険を知らせるために吠えており、この犬の報告に対して「危険ではない」という安心感を与えてあげる必要があります。ただし、このときに無理に知らない人や動物に触れさせるのは逆効果となりますので注意しましょう。

ペットを必要以上に甘やかさない

ペットを必要以上に甘やかさない

ペットが鳴いたり吠えたりすることをやめさせようとして、鳴くたびに声をかけたり、かまったりしすぎることは無駄吠えや無駄鳴きを助長してしまいます。呼べば飼い主が飛んできてくれる、と間違った方向にインプットされ、どんどん状況が悪化してしまうケースもあります。

しつけは子犬や子猫の時期から行なうことがとても大切です。小さな頃はそのかわいらしさからつい甘やかしてしまいがちですが、後々のトラブルを見越して、ダメな物はダメと一貫したしつけを心がけましょう。ペットの甘やかしは、必ずどこかの場面で飼い主を苦しめることになります。お互いの幸せな暮らしをよく考えて、ときには心を鬼にしてしつけを行ないましょう。

どうしても直らない場合は、専門家に相談を

どうしても直らない場合は、専門家に相談を

ペットが吠えたり鳴いたりすることは、動物の本能や個性でもあります。これを100%なくすことはできません。しかし、人に迷惑をかける程鳴き方がひどく、どんな対策をしても直らないという場合は問題行動を治療する専門家に相談してみてはいかがでしょうか。