ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトペットショップリサーチ

ペットショップ情報

うさぎの主な行動と習性



最近、ペットショップで様々なうさぎの種類を見かけるようになりました。小さくておとなしく、飼いやすいイメージからうさぎをペットに迎えたいと考える人も多いのではないでしょうか。しかし、イメージだけでなく実際にどんな性質を持っているのか、事前にしっかりと学んでおきましょう。犬や猫にはないうさぎならではの魅力を発見し、知れば知る程飼いたくなってしまうかもしれません。

「寂しいと死ぬ」はウソ?

「寂しいと死ぬ」はウソ?

よく耳にする「うさぎは寂しいと死ぬ」という迷信。果たしてこれは事実なのでしょうか。

実際、寂しいというだけの理由からうさぎが死ぬことはありません。ただし、飼い主に放っておかれる寂しさからストレスを抱え食欲がなくなり、その状態が続くと死に至るケースがあるようです。どんな動物にも言えることですが、コミュニケーションを取らず孤独な状態が続けば心身に様々な支障をきたします。毎日の適度なスキンシップを欠かさないように気を付けましょう。

目を開けたまま眠る

目を開けたまま眠る

うさぎの眠っている姿を見たことがありますか?実は、うさぎは目を開けたまま眠るという変わった習性を持っています。自然界において弱者であったうさぎは常に警戒心を持っており、万が一のときに素早く逃げられるよう、眠りながらも体勢を整えているのです。

ペットうさぎの中には目を閉じて眠る子もいますが、それは今の環境に安心している証拠。自分の今暮らしている場所が安全だと判断すると、次第に目を閉じて眠ってくれるようになるでしょう。

なんでもかじる

なんでもかじる

うさぎは、身のまわりにある物をとにかくなんでもかじります。ケージから出してあげれば室内のカーペットや壁までボロボロにしてしまうこともあるでしょう。野生の時代、うさぎは自ら巣穴を作って暮らしていたため、家の床や壁を削ってしまうのはそのなごりによる疑似行動だと言われます。また、放っておくと伸び続けてしまう歯のコンディションを整えるためでもあるようです。ケージをかじってしまう子も多く見られますが、これは飼い主へのおねだりの意味を持つ行動。毎回かまうと癖になるので、安易に要望に応じないことが大切です。

突然倒れる

突然倒れる

うさぎと暮らしていると、なんの予兆もなく急にバタンと倒れることがあります。突然のことなので驚いてしまいますが、これは、うさぎがリラックスしている証。体の構造上、徐々に横になることができないうさぎは、勢いをつけて真横にそのまま倒れるのです。銃で撃たれたようなこの姿は初めて見る人にとって衝撃的な光景ですが、のんびりとくつろいでいる姿ですのでご安心を。

ただし、場合によってはてんかんなどの病気のサインである可能性がありますので、いつもと違う様子が見られたら、すぐにかかり付けの動物病院で診察してもらいましょう。