ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
ペットショップ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットショップ情報

飼いやすいペット



ここでは飼いやすいペットについてご紹介します。

住まいの環境によって飼いやすいペットはある?

住まいの環境によって飼いやすいペットはある?

Q

新しくペットを飼い始めたいと考えていますが、今の住まいがマンションです。マンションの管理会社に確認をしたらペット飼育の許可は頂けました。高層階に住んでおり、また戸建住宅とは違う環境ということもありますので、住まいの環境がペットのストレスになってしまうようでは可哀想だなと考えています。住まいの環境によって、飼いやすい・飼いにくいと言ったペットの種類があれば教えて下さい。

A

最近はマンションなどの集合住宅でもペット飼育が可能な物件が多く見られますが、住まいによってはペットの種類が制限されている場合があります。まずは条件を確認してみましょう。爬虫類や危険性のあるペットの場合は禁止されていることが多く、また万一の近隣トラブルの可能性を考えれば、やはり避けたほうが無難だと言えます。

また集合住宅の場合は、共有スペースなどではペットを抱っこしないといけない場合があります。犬のように散歩で外出することが多いペットの場合は、抱っこできるサイズであることも重要になるでしょう。

また吠えやすかったり、暴れやすかったりするペットの場合は、近隣トラブルの原因になってしまうことがあります。ペットの抜け毛も注意が必要です。あまり抜け毛が多い長毛種の場合は、毛の飛散が近隣トラブルの原因になってしまう可能性があることも覚えておきましょう。

犬の場合はチワワやトイプードルといった小型犬種が、代表的な飼いやすいペットです。猫の場合はサイズで気にする必要はないと思いますが、季節によって抜け毛が激しいことがありますので、毎日ブラッシングをしてあげることを忘れないようにして下さい。猫の代表例としては、長毛種のメインクーンやラグドールなどが、鳴くことが少なくおとなしい性格である傾向が強いようです。しかしいずれも個体差がありますので、犬猫問わず、しっかりとしつけをするようにしましょう。

鳥の場合は住まいの環境によらず比較的気軽に飼えるペットですが、インコはよくさえずっていますので、近隣の方で鳴き声を気にする人がいる可能性があります。またオウム類も大きな声で鳴くことがあります。鳥類では手乗り文鳥が比較的静かで、飼いやすい種類であると言えます。

戸建住宅にお住まいの方も含め、ペットを選ぶ際には近隣の方への配慮を忘れないようにしましょう。

家族構成によっておすすめのペットは?

家族構成によっておすすめのペットは?

Q

我が家の家族構成は、私たち夫婦と小学校入学前の子供が1人、それから最近仕事を引退した実の両親2人の二世帯です。両親と夫婦揃って動物好きなこともあり、また子供の情操教育にも良いかと考え、新しくペットを飼い始めたいと考えています。うちのような家庭の場合、その家族構成によっておすすめのペットなどはあるのでしょうか。

A

まだ小さな子供がいるご家庭の場合、子供とペット両方の安全を考える必要があります。ペットが子供を傷つけないこと、また子供がペットに過度なストレスを与えたり、傷つけないことが大切です。犬や猫の場合は様々な品種がいますが、純血種よりも雑種のほうが比較的身体が頑丈ですので、小さな子供がいる家庭の場合は、あえて雑種を選んでも良いでしょう。

また、仕事を引退されたご両親と同居していらっしゃるご家庭の場合には、ご両親が散歩へ出かけるきっかけにもなる犬がおすすめです。

ご質問を頂いたご家庭の場合では、性格がおとなしく、のんびりとした危険性の少ない犬種の代表例として、スパニエル系やブルドック、コリーなどをおすすめします。またこれらの血を引く雑種もまた、丈夫さの面でおすすめだと言えます。

なお、賢すぎる犬種や、神経質な犬種、勝ち気な犬種などは、何かのきっかけで子供を傷つけてしまう可能性がありますので、小さな子供がいるご家庭には不向きかもしれません。

動物病院の活用方法を知りたい

動物病院の活用方法を知りたい

Q

我が家は犬を飼っています。住まいから徒歩で行ける範囲に動物病院があり、年に1度の予防注射などでは、その動物病院を利用しています。感じが良い動物病院で待合室も快適で、院長先生も動物が好きだということが分かる病院で、大変満足しています。

今は犬が不調になったときと予防注射でしか動物病院を利用していませんが、もし他に動物病院の活用方法があれば教えて下さい。

A

ペットも生き物である以上は、人間と同じように病気になってしまうことがあります。病院の活用方法についても、やはり人間と同じようなことが言えます。

例えば人間の場合は、特に不調がなくても定期的に健康診断をします。ペットの場合も定期的に健康診断をすることで、大きな病気を早期に発見できる可能性が高まります。重い病気でも早めに発見できれば、治療できる可能性が高まる点も人間と同様です。

また飼い主のペットに対する知識についても、動物病院を活用できるはずです。獣医さんは動物がかかる病気やケガを治療するプロですが、全てをお任せすれば良いと考えるのではなく、飼い主としてもペットがかかりやすい病気は何か、身体で弱いところはないかなど、ある程度は勉強して理解しておく姿勢が必要です。もし分からないことがあれば、それを獣医さんに教えてもらえば良いのです。

フェレットについて知りたい

フェレットについて知りたい

Q

インターネットで色々なページを見ていたら、可愛い動物の動画を発見して心を奪われてしまいました。その動物がフェレットだということまでは分かったのですが、フェレットがどういう動物で、ペットとして飼うことができるのか、飼うときの注意はなにか、どんなものを食べるのかなど、分からないことだらけです。

フェレットについて詳しく教えて下さい。

A

フェレットはイタチの仲間で肉食の哺乳類です。日本では特にフェレット飼育に関する制限などはありませんが、北海道など一部の地域では、飼育に届け出が必要な場合があります。

エサはペットショップなどで販売されているフェレットフードを与えることが一般的です。人間の食べ物を与えることは好ましくないとされており、タマネギやチョコレートは中毒症状を起こしてしまいます。

鳴き声は小さく、猫よりも人に懐きやすいため、飼いやすい動物だと言われることがありますが、暑さにとても弱い特徴があり、室温が28℃を超えると熱中症になってしまうことがあります。フェレットの飼育に望ましい温度は15~22℃と言われていますので、飼育には適切な温度管理が必要になります。また狭いところに入り込む習性がありますので、家電の裏に入り込んでコード類が断線してしまう可能性もあります。フェレットに入られたくない場所には、あらかじめ塞いでおくなど、住まいの環境を整えておくことも必要です。

さらにフェレットは匂いに関する特徴もあります。発情期には体臭が強くなるため、それを気にする場合には去勢手術が必要となります。またイタチの仲間であることから、危険を察知したときにはスカンクのように強い匂いを出すことがあります。しっかりとしたファームなどで管理されて生まれたフェレットは、この匂いを出す器官が手術により除去されていることが一般的です。

なおフェレットはジステンバーやフィラリアなど犬と同様の病気にかかることがあります。フェレットを飼育する際は、フェレットを診られる動物病院があることを確認しておきましょう。

リスについて知りたい

リスについて知りたい

Q

子供の頃からリスが大好きで、ペットとして飼いたいと思っていましたが両親がそれを許してくれず長年我慢してきました。

大人になってそんな気持ちも薄れていましたが、少し前から一人暮らしをするようになり、寂しさを感じています。ペットでもいれば…と考えたときに、子供の頃にイメージしていたリスとの生活を思い出してから、リスのことばかり考えてしまい、居ても立っても居られません。リスについて教えて下さい。

A

日本にも野生で生息しているリスがいますが、これらは鳥獣保護法で捕獲が禁止されているため、捕まえて飼うことはできません。ペットショップなどでは海外から輸入されたシマリスとジリスが販売されていますので、ペットとして飼育できるのはこの2種類です。

エサはリス用のペットフードの他、大人になればブロッコリーやニンジンなどの野菜、リンゴやイチゴなどの果物も食べられるようになりますが、偏食や下痢の原因になりやすいため、野菜や果物はおやつとして考え、主食はあくまで専用のフードを与えるようにしましょう。

元気に動き回り、コードなどをかじるクセがありますので、普段はケージなどで飼うのが一般的です。ケージから出して室内で自由にさせるときは目を離さず、危険な場所に入り込まないよう注意が必要です。

感染症やケガの危険性は常にありますので、リスを診られる動物病院を探しておくことも重要です。

モルモットについて知りたい

モルモットについて知りたい

Q

先日、動物園のふれあい広場を訪れたのですが、そこにいたモルモットに一目惚れをしてしまいました。ふれあい広場で手の上に乗せたときに見せたモルモットの愛らしい姿…。今思い出しても頬がゆるんでしまいます。

モルモットに会いたくて、また動物園へ行こうと妻に相談したところ「飼ったら?」と呆れられてしまいました。モルモットの飼い方を教えて下さい!

A

モルモットはネズミの仲間であるげっ歯類で草食です。様々な種類の毛色があり、見た目で好みの毛色を選べる点も、他のげっ歯類では珍しいモルモットならではの特徴です。

ペットとして飼育する場合は専用のケージを用意しましょう。モルモットは気温の変化に弱い特徴がありますので、ケージの床には専用の保温器具を設置するなどします。暑さにも寒さにも弱いので、特に夏と冬には十分に気を付ける必要があります。エサは専用フードが中心ですが、人間と同じように自分でビタミンCを作ることができませんので、適度に野菜や果物を与えるようにしましょう。しかし果物は糖度が高いため、与え過ぎると健康を損なう可能性があります。

また水を頻繁に飲む習性がありますので、新鮮な水をいつでも飲めるよう、専用の給水器をケージに設置してあげると良いでしょう。

よく食べてよくフンをしますので、ケージは毎日掃除をしてあげる必要があります。

小さな動物の共通点ですが、モルモットはストレスから病気になることが多い動物です。ペットがストレスを感じないよう、モルモットにとって快適な住まいを整えてあげることも、飼い主の重要な責任のひとつです。モルモットを診られる動物病院を見つけておくことも忘れないように。

チンチラについて知りたい

チンチラについて知りたい

Q

交際している女性がおり、もうじき結婚する予定です。未来の新婚生活を二人で相談している中で彼女から「チンチラを飼いたい」と言われました。私は今までペットを飼ったことがない上、今まで動物にあまり興味を持ったことがなかったため、チンチラがどういう動物か分かりません。彼女は「大きいネズミだよ」と教えてくれますが、彼女もそれほど詳しくない様子です。

チンチラの特徴や、飼育の注意点などを教えて下さい。

A

チンチラは中型のげっ歯類で、大人になれば体長は25cm程度、体重は0.5kg前後になります。グレーの毛色と、大きな耳と前歯が特徴です。

もともとは標高の高い山岳地帯にいる動物なので、飼育の際は気温と湿度に気をつける必要があります。高山に近い気温と湿度、具体的には気温は25℃以下を維持し、湿度は極力低くなるようにする必要があります。日本の場合、気温が一年中低い一部の地域を除いては、エアコンを常時付けておけるような環境が好ましいとされていますので、少々お金がかかる動物だと言えます。

またチンチラは砂浴びをする習性があります。毛穴から出る脂を取り除く目的で定期的に砂浴びをしますので、それができる環境を準備してあげる必要があります。大きなバケツのような入れ物に、チンチラ用の砂を入れておいてあげれば、自分で勝手に砂浴びをするはずです。なお、その際には砂が飛び散ることがあります。

噛む力が強く、陶器製のエサ入れでは割ってしまうことがあります。チンチラの場合は鉄製のエサ入れを選ぶのが一般的です。また鉄製でも数ヶ月でボロボロになってしまいますので、頃合いを見て定期的に交換してあげるようにしましょう。

草食のため、エサは牧草が望ましいとされています。チンチラ用の専用フードなども販売されていますが、ペレット型の専用フードだけでは歯に悪影響が出て、不正咬合と呼ばれる病気になってしまいやすくなります。主食を牧草として、おやつに専用フードを与えることで、これを予防できるとされています。

なおチンチラは運動能力が高く、特にジャンプ力が強い動物です。ケージはなるべく大きなものを用意してあげて、動き回れる環境を作ってあげましょう。

カブトムシなどの昆虫は飼いやすい?

カブトムシなどの昆虫は飼いやすい?

Q

夏休みに子供と山へキャンプに出かけました。子供は非常に満足したようで「また行きたい」とせがんできます。しかも「今度はカブトムシを捕まえたい」と鼻息を荒くしています。捕まえるまでは元気で結構な話ですが、おそらくその後、そのまま飼いたいと言ってくることでしょう。

私も子供の頃にカブトムシやクワガタムシを捕まえて飼ったことがありますが、1シーズンと経たずに死なせてしまいました。

カブトムシやクワガタムシなどの昆虫は、適切に飼育すれば飼いやすいものなのでしょうか?

A

カブトムシやクワガタムシなどの昆虫の飼育には、専用の道具が幾つか必要になります。夏の時期はホームセンターなどで「飼育セット」のようなものが販売されており、必要なものは揃っていますので、上手く利用しましょう。

カブトムシやクワガタムシの飼育に必要なものをご紹介します。まず昆虫の住まいとなる飼育ケースです。1匹を飼育する場合には、一般的に販売されている飼育ケースや、縦横高さがそれぞれ30cm程度の水槽で十分ですが、一度に大量飼育する場合は、プラスチック製の衣装ケースを使うことがあります。なお、しっかりと蓋ができるものでないと夜中に逃げ出す可能性があります。

それから飼育ケースの中に敷く昆虫マット、枯れ木(朽木とも言います)が必要です。さらにコバエの侵入を防ぐ防虫シートなども用意しましょう。飼育ケースは直射日光を避けて、風通しの良い場所に置きます。

また、カブトムシやクワガタムシは乾燥に弱いため、1日に1~2回程度は霧吹きで水分を吹きかける必要があります。保水マットなどを合わせて使うのも効果的です。虫の匂いが気になるという人は、防臭剤も用意しましょう。

エサは昆虫用のゼリーや、リンゴ、パイナップル、バナナなどの果物を与えます。なおスイカは水分が多すぎるため、好ましくないとされています。

カブトムシの寿命は短く、ほとんどは夏の間に死んでしまいます。温度管理などを徹底した場合に12月頃まで生きた例がありますが、滅多にない例外だと言えます。反面、クワガタムシは最大5年程度まで長生きすることがあります。冬の間は冬眠しますので、昆虫マットを何重にも敷いて、静かな場所に置いてあげましょう。

オス・メスのペアで飼育した場合には、かなりの高確率で交尾をして産卵します。オス同士で複数飼育する場合には、これもかなりの確率でケンカしますので、できればオス同士で一緒に飼育することは避けたほうが良いでしょう。

効果的なペット探しの方法は?

効果的なペット探しの方法は?

Q

新しくペットを飼いたいと考えています。犬猫どちらも好きで、正直なところどちらでも良いと考えています。一度ペットショップに足を運んでみましたが、種類が多すぎて決めかねてしまいました。

ペット探しは命を預かることだと考えており、気軽にインスピレーションで選ぶのは私の性格に合わないような気がして悩んでいます。なにか効果的なペット探しの方法はないのでしょうか。ぜひ教えて下さい。

A

ペット探しで代表的な方法は、ペットショップで気に入った動物を購入するのが一般的だと思います。その場合でも見た目で直感的に選ぶのではなく、スタッフにあれこれと質問し、その応対を見ることも重要な手順です。こうしたコミュニケーションを図ることで、信用できるペットショップであるかどうかの確認にもなるはずです。住まいの環境や、どんな動物と一緒に暮らしたいといった希望を相談することで、自分にピッタリなペットに出会える可能性が高まるでしょう。

またペットショップとは違うペット探しの方法としておすすめなのは、動物病院やインターネットなどで案内されている里親募集や、保健所で管理されている動物を引き取ってくる方法です。特に保健所で管理されている動物は、里親が現れなければ悲しいことに殺処分されてしまう運命が待っています。ペットを大切な命として考えられるあなたと一緒なら、きっとどんな動物でも幸せに暮らせるはずです。良い出会いがあることを祈っています。