ご希望のペットショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
ペットショップ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ペットショップ情報(夏)

夏のペットショップ情報



犬やネコなど、ペットにとって夏の暑さ対策はとても大切です。ひと口に暑さ対策と言っても、動物の種類や飼っている環境によってその対策は様々。書籍やネットで調べたり、ペットショップの店員さんに相談したりするなど、正しい対策でペットに快適な環境を用意することが肝心です。ここでは、ペットの種類や飼育環境に応じた「夏の暑さ対策」について解説していきます。

犬の暑さ対策

犬の暑さ対策

犬は人間とは異なり、汗の気化熱を利用して体温を調節することができません。さらに、全身を毛で覆われているため熱がこもりやすく、ブラッシングなどのケアも必要になります。犬が生活する犬小屋はもちろん、散歩などの外出時なども暑さを和らげる対策を行なわなければなりません。ペットショップでは冷却マットや冷感スプレーなどの関連グッズも豊富なので、店員さんと相談しながら取り入れてみましょう。

夏の住環境

室内犬、室外犬どちらも、まずは夏を過ごすための住環境を整えてあげましょう。第一に考えなければならないのが、「日当たり」の環境です。まず、直接日光が当たる場所に犬小屋を設置してはいないでしょうか。もしそうなら、夏はカーテンやブラインドを使って影を作るなど、太陽の光が直接当たらないように工夫してあげると良いでしょう。屋外の場合は日当たりの強い西側に犬小屋を置かないようにするなど、夏の太陽を意識した住環境作りが肝心です。

室内気温に注意

夏に部屋を閉め切っていると室温はどんどん上昇します。あまりに室温が高いと、人間と同様に、熱中症を引き起こすこともあるので、十分な注意が必要です。きちんと換気をして風通しを良くする他、蔓性の植物を利用したグリーンカーテンで直射日光を遮ったり、家の周囲に打ち水をしたりして、暑さが部屋にこもらないようにすることが大切。冷房を利用するのも良いですが、設定温度は28度を目安にあまり冷やしすぎないように注意しましょう。

ネコの暑さ対策

ネコは室内で飼われることが多く、そのため部屋の換気や温度調節などはしっかりと配慮してあげる必要があります。基本的な内容は室内犬と同様ですが、ネコならではの対策も頭に入れておいたほうが良いでしょう。ここでは、ネコに対する暑さ対策について解説していきます。

飲み水の確保

「ネコは腎臓の病気が多い」というのを聞いたことはないでしょうか。人間で言うガンや心臓病と同様に、腎臓系の病気はネコにとって発病する確率が高いと言われています。腎臓系の病気を予防するためには、たっぷりの水分をネコに与えてあげることが大切。特に外出時には、水を切らしてしまわないよう注意が必要です。ネコは体温調節を呼吸で行なうため、室内の気温が高くなりそうだと感じたら、水に氷を入れてあげるのも効果的。

湿気対策

ネコは湿気に弱く、基本的に日本の夏の環境には向かない生き物です。直射日光を遮り、こまめに換気し、冷房を活用するなどして、快適に過ごせる住環境を作ってあげましょう。しかし暑さ対策の中でも、扇風機の利用はあまりおすすめできません。室温が上がると温風を放出してしまうのはもちろん、扇風機のコードをネコがかじって感電死してしまう恐れも考えられます。また、冷房を使う場合は「除湿」に設定するなどして、緩やかに気温を下げると良いでしょう。

「冷却アイテム」で暑さ対策

ペットショップやネット通販で販売されている、「冷却アイテム」を取り入れてはいかがでしょうか。犬やネコはもちろん、様々なペットに適したアイテムが多数販売されています。

犬の冷却アイテム

室内犬であれば、接触冷感素材を使用したクールベッドや放熱効果のあるアルミプレートなどが便利。散歩後などに使う冷却スプレーも、熱中症対策には有効的です。

ネコの冷却アイテム

ネコの癒しグッズとして定番の「トンネル」を冷感仕様にしたものなど、店によって品ぞろえも様々。飼いネコの種類によって好みや相性があるので、購入前に一度ペットショップの店員さんに相談してみるのもおすすめです。

ロード中
ロード中
ロード中

夏になると、ペットショップの店内にカブトムシやクワガタムシが入った容器や飼育ケースが並びます。甲虫類は昆虫の中でも人気が高く、子どもだけでなく大人もまじまじと飼育ケースをのぞく光景が見られます。飼育や繁殖に必要な用品なども豊富に用意され、男性客の心をくすぐります。また、ペットのお手入れ用品も充実する季節で、歯磨きや耳掃除など、この時期こそ愛犬の隠れたオシャレをきちんとしてあげましょう。

金魚を飼おう

金魚を飼おう

夏祭りの屋台の定番と聞けば、誰もが思いつくのが「金魚すくい」でしょう。縁日の金魚すくいは、金魚を飼い始める大きなきっかけであるため、夏のペットショップでは、水槽などの飼育用品が人気です。金魚には「コメット」や「流金」、「出目金」をはじめとした数多くの種類があり、それぞれに目を楽しませてくれます。

金魚の飼育に必要なのは水槽とエアポンプ、水中フィルターにえさの4つです。もちろん、昔ながらの金魚鉢でエアポンプを使わずに飼育することも可能ですが、その際はこまめな水換えが必要になるので、水槽にエアポンプを入れて飼うのが良いでしょう。金魚は水槽のサイズや飼育密度によって育つ大きさが変わる習性を持つため、水槽のサイズを選ぶ際には、何匹程度飼育するのか、そしてどの程度まで大きく育てたいのかをある程度考えておく必要があります。

なお、金魚飼育に必要な道具がセットになった商品も発売されているので、ひとまずはこういった商品を購入して飼育を始め、徐々にグレードの高い設備を揃えるということも可能です。

ペットショップでペットをお迎えしよう

最近ではショッピングモールやホームセンター内に設けられたペットショップも多く、特に夏休みの期間中は家族連れで賑わいます。見て回るだけでも楽しいペットショップですが、生後間もない子犬や子猫などは、まだ人間に慣れていないデリケートな状態にあります。そのため、ペットショップ内では動物を驚かせたり怖がらせたりしないよう、マナーを守りましょう。

マナーとしては、「動物が入っているケースを叩かない」、「大きな声を出さない」というのは当たり前ですが、「動物を触る前に手を消毒する」ことも大切です。まだ抵抗力が弱い子犬や子猫にウイルスや病原菌を移さないために、アルコール消毒液を設置されている場合は、面倒臭がらずにしっかりと消毒しましょう。

気に入ったペットを見付け、家族の一員として新たに迎える際は、基本的な飼育方法はもちろん、そのペットの体質や嗜好に合ったえさの種類や、量、回数なども聞いておきます。最初はペットショップにいたときと同じえさを与え、様子を見つつ、徐々に食事の種類や回数を調整していきましょう。

また、ペットを迎える際はその動物の寿命を考え、最後までしっかりと責任を持って愛情を注いで飼育できるかをよく考える必要があります。可愛いからといって衝動的に飼うのではなく、家族ともじっくりと相談を重ねたうえで、しっかり態勢を整えてから購入へ踏み切りましょう。

抜け毛ケアとブラッシング

犬や猫をペットとして飼っている場合、抜け毛の多さが気になったことはないでしょうか。季節が変わるシーズンは「換毛期」と呼ばれる、体毛が生え変わる時期にあたるため、通常よりも多く毛が抜け落ちます。これは長毛種でも短毛種でも変わりません。この時期、ペットにしてあげたいのが「ブラッシング」です。

ブラッシングは主に、抜け毛を処理して毛並みを整えるために行ないますが、それ以外にも「ノミやダニといった外部寄生虫を発見できる」、「被毛や皮膚を清潔に保てる」、「新陳代謝を促進できる」など、たくさんの利点があります。ブラッシングはペットの皮膚の健康を維持するために欠かせない作業であり、直接ペットの体に触れることで、健康状態の確認や皮膚疾患の有無をチェックすることも可能です。また、飼い主とのスキンシップも図れます。

ブラッシングに使用するブラシには色々な種類がありますが、代表的なブラシを紹介しましょう。

スリッカーブラシ

くの字型の針金がびっしりと並んだブラシで、もつれや毛玉などをほぐすために使用します。長毛種でも短毛種でも使えますが、力加減によってはペットの皮膚を傷付ける恐れがあるため使用には注意が必要です。

ラバーブラシ

ソフトなゴム素材でできたブラシで、抜け毛やホコリの除去に適しています。素材がやわらかいため、被毛の手入れと同時にマッサージ効果も得られ、短毛種や抜け毛が多いペットに適しています。

ピンブラシ

ゴムの土台の先に先端が丸くなったピンがついたブラシ。皮膚を傷付けずに被毛の手入れができます。

コーム

ブラッシングの仕上げ用。もつれなど、ブラッシングで取り損ねた毛がないか確認するために使用します。

これらの中から、飼っているペットの種類や体毛の状態に合わせ、適したブラシを選んでお手入れしましょう。またブラッシングの他にも、長毛種の場合は専門のお店でトリミングを受け、毛を短く切ってサマーカットにすることもおすすめです。


昆虫の飼育と繁殖

昆虫の飼育と繁殖

夏になるとペットショップの店内にいろいろな種類の昆虫が販売されます。最近では国産だけでなく外来種も多く見られ、日本では見られない珍しい昆虫も飼育することができます。また、ペットショップでは昆虫の飼育アイテムも充実しているので、飼育するだけでなく、繁殖させることも手軽にできるようになりました。

飼育に必要なものは、まず飼育ケースです。国産のカブトムシやクワガタムシは、成虫になってからは成長しないため、適度なスペースがあれば小さくても構いません。そして、ケースの底に入れる飼育用の土、エサ、上り木、枯れ葉、霧吹きを用意します。ケースに入れて販売されている場合は、そのまま利用し、自分なりにアレンジを加えます。カブトムシとクワガタムシを同じケースで飼育するとケンカをしたりして、傷ついたり弱ったりすることもあるので、できるだけひとつの飼育ケースには1種類の昆虫をオスとメスのペアで飼育するようにします。繁殖を目的とする場合は、飼育用の土を5cm程度と厚めに入れ、産卵しやすい環境にしておきます。ペットショップによっては、飼育用と産卵用と専用の土を用意している場合もあります。エサは専用のエサが販売されていますが、スイカやリンゴなどでも代用できます。ただし、果実は時間が経つとニオイが発生するので、適度に交換する必要があります。また、ケースと蓋の間に新聞紙を挟むことで、コバエなどの雑虫の侵入を防ぐことができます。

飼育ケースは、直射日光を避け、風通しの良い場所に置くようにします。日常ではエサがなくなっていないかをチェックするくらいで、それほど手間がかかりませんが、土の乾燥を防ぐために、霧吹きで週に1回程度は湿り気を与えるようにしましょう。

外来種は大きさや環境も国産種とは違うので、飼育・繁殖の仕方について分からないことがあったら、ペットショップの店員に聞いてみましょう。

犬の歯磨きと耳掃除

犬の歯磨きと耳掃除

夏になるとペットの口臭が気になることがあります。そんなときは歯磨きをして、口内を清潔にしてあげましょう。ペットショップでは犬用の歯ブラシを販売しているところもあり、これを使えば奥まで手軽に磨けます。犬用の歯ブラシがない場合は、指にガーゼを巻いて磨いてあげます。人間のように、すべての歯をくまなく磨かなくても、外側だけでも構いません。

まず、犬の口を軽く押さえて固定します。口の横から歯ブラシやガーゼを巻いた指を入れて歯の側面をこすります。片方が終わったら、反対側の歯をこすります。最初は嫌がりますので、口を固定する人と磨く人の2人でお手入れすると楽でしょう。子犬の時期から始めると早く慣れるようになります。歯磨きは、毎日寝る前にしたほうが良く、少なくとも3日に一度は行なうようにしましょう。ペースト状の歯磨き粉や、口内に垂らすだけで歯石を除去するものなど、歯磨きグッズも様々な種類がありますので、いろいろ使ってみるのも良いかも知れません。犬の歯の健康も守ってあげましょう。

歯と同様に、耳の中もきれいにしてあげましょう。特に、垂れた耳の犬は、耳の中が蒸れやすいので、こまめにチェックし、汚れていたり、嫌なニオイがするようなら、耳掃除をします。清潔に保つことで外耳炎の予防にもなります。耳掃除では、綿棒などで耳の奥を掃除しようとしますが、これはむしろ耳の中を傷つけ、外耳炎の原因になる恐れがあります。指にガーゼを巻き、ケアクリームなどを使用して、汚れが見える範囲だけを拭くようにします。汚れが落ちたら、乾燥したガーゼやコットンなどでもう一度拭き、余分な水分を残さないようにします。耳掃除も3日に1回はしてあげましょう。

なお、歯磨きも耳掃除も、できるだけ犬がリラックスできる雰囲気で行なうようにしましょう。